痛みの少ない治療があります

歯医者に対して、「痛い」「怖い」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。大人になっても、虫歯治療のときの麻酔の注射が苦手な方も少なくないようです。しかし現在の歯科治療は進化していて、麻酔を使うことで治療時に痛みを感じることはほとんどなくなっています。

そこで三軒茶屋の歯科クリニックである三軒茶屋UJIIE DENTAL CLINICでは、無痛治療を実施しています。極力排除できる痛みは排除して、患者様に快適に治療が受けられるような環境を整備していきます。歯科治療に抵抗のある方でも、お気軽にご相談ください。

痛みを少なくするコツ

  • 針の先の断面は斜めになっており、尖った方で注射をすれば痛みが少なくできる
  • 時間をかけて麻酔液を注入することで痛みを感じにくい
  • 麻酔液を温めることで痛みを感じにくくなる

三軒茶屋UJIIE DENTAL CLINICでも積極的に無痛治療を導入しています。しかし「本当に痛みが少なくなるの?」と疑問に感じている人もおられるでしょう。

麻酔をかけるときには、注射を打ちます。中にはこの注射のチクリと針の刺さる痛みが苦手という人もいるでしょう。しかし少し工夫をすることで、注射の痛みを軽減することも可能です。まず針の先端を斜めにして、尖った方を皮膚に入れるように注射します。これだけでも、痛みはかなり軽減できます。

また麻酔液を一気に注入するのではなく、少し時間をかけてじっくりと注入することでも痛みを和らげることができます。さらに麻酔液を温めておくことによって、痛みは感じにくくできます。三軒茶屋UJIIE DENTAL CLINICではこれらのテクニックを駆使することで、従来の麻酔注射よりも格段に痛みを取り除くことに成功しています。

当院の無痛治療への取り組み

表面麻酔

注射の痛みが苦手という人のために当院では、表面麻酔を使用しております。口腔内の粘膜に麻酔薬を塗ることで、感覚を麻痺させます。この表面麻酔をかけることで、本格的な麻酔液を注射するときのチクリとした痛みを緩和できます。局所表面麻酔剤は安全性の高いものを使用しておりますので、痛みが気になる人はお気軽にお申し付けください。

細い注射針

注射の痛みには、注射針の太さも関係しています。注射針が太いことも関係しています。注射針は太ければ太いほど、刺す面積が大きくなるからです。つまり、注射針を細くすることで、痛みを軽減することは可能とも言えます。当院では、33Gと呼ばれる注射針を使っております。33Gは現在、歯科業界でも最細といわれていますので、極限まで痛みを緩和することができるのです。

無痛治療をご希望の方はお気軽にお問い合わせください Tel.03-5787-6840