Dr氏家へインタビュー

三軒茶屋駅のすぐ近くにある歯科クリニックの三軒茶屋UJIIE DENTAL CLINICは、Dr氏家が診療しています。Dr氏家はどのような思いで診察にあたっているのか、三軒茶屋で開業したきっかけなどを語ります。

三軒茶屋で開業されたきっかけを教えてください

大学を卒業して9年が経ち、今まで研鑚したことを地域医療に貢献するため、歯医者としての活動を続けてきました。そのなかで積んださまざまなキャリアやノウハウを地域の医療に活かしたいと日頃より思っておりました。そこで三軒茶屋に腰を据えて、地元にお住まいの皆様や三軒茶屋で働く方々のために医療の場を提供しようと思いました。

治療で特に気をつけていることは何ですか?

私は3つのことに特に重点を置いて、治療に当たるべきと考えています。1つめは、患者様に不快な思いをさせないことです。私たちは、お客様に対して歯科治療というサービスを提供する身です。そのことを忘れて、自分の本位の治療をしないことを心がけています。

2つ目は、患者様に痛みを極力感じさせないための治療方法を提案することです。歯医者に怖いというイメージを持っている人も多いと思いますので、できるだけ痛みを感じさせない治療に努めています。

最後は、インフォームドコンセントです。患者様にこれから行う治療についてご説明し、ご理解・ご納得してもらったうえで治療を開始することを心がけています。アニメーションを使った説明などを駆使して、患者様に分かりやすい説明を心がけています。

今後どのような医院にしていきたいですか?

最近「おもてなし」という言葉が流行っていますね。私は歯科医院のサービスもまさにおもてなしだと思っています。ただ患者様の歯が治ればいいというのではなく、誠実に患者様一人ひとりと向き合い、ご満足いただけるような医院を目指します。

「歯が痛くなって仕方なく行く」というだけでなく、小さな相談事でも気軽に聞くことができて、ご自分の健康のための投資として自発的に通いたくなる歯科クリニックにしたいと思っているんです。駅近の立地であることをはじめ、院内の治療環境は衛生的であることを重視しています。衛生環境が少しでも悪いと、そこで感染症が起きるなどのリスクを伴います。そこで常に清潔感のあふれる歯科クリニックを今まで以上に目指していきたいと思っています。

患者様へのメッセージをお願いします

虫歯や歯周病になってから歯医者へ行くという方が多いのではないでしょうか。しかし歯医者のあるべき姿は、虫歯や歯周病になってから訪れる所ではありません。予防処置といって、歯の疾患にかかる前に、適切なケアについてアドバイスを受ける歯医者としてご活用いただきたいと思います。

三軒茶屋UJIIE DENTAL CLINICは、患者様の歯のケアを徹底して行うことを心がけています。治療をしたらそれでおしまいというのではなく、できるかぎりのアフターフォローもさせていただいております。

歯医者に対してネガティブなイメージを持っている人も多いでしょう。そのイメージを払拭して、気軽に利用できる歯医者を目指していますので、三軒茶屋で暮らしている方、お勤めの方は一度お気軽にお越しください。きっと歯医者のイメージが変わるはずですよ。

院内の様子やアクセスはこちらで紹介しています。