歯周病は歯を失う原因の第1位です

歯周病になりやすい方には、ある程度の傾向が見られます。歯周病は成人の約8割が予備軍と言われており、気付かないうちに進行することから「沈黙の病気」と呼ばれています。少しでも思い当たる方は一度検診へいらしてください。

こういう方は要注意!

喫煙者

タバコの煙には、有害物質が含まれています。タバコを吸うときに、歯ぐきや口腔内の粘膜で有害物質を吸収してしまいます。その結果、歯周病リスクを高めるといわれています。

よく咬まずに食べる

食べ物を咬むときに、唾液が出てきます。この唾液は食物を分解する役割とともに、口腔内を洗い流す役割もあります。よく咬まずにものを食べる習慣のある人は、十分に唾液が分泌されません。その結果細菌が繁殖しやすくなって、歯周病を引き起こしやすくなります。

間食をよくする

間食をする頻度が多いということは、それだけプラークが口腔内にとどまる時間が長くなることを意味しています。すなわち細菌の繁殖しやすい状態が長時間にわたり続くことで、歯周病を起こしやすくなるわけです。

ストレスがたまりがち

ストレスを過剰にためている状態が長く続くと免疫力が低下します。その結果、歯周病のような感染症にかかるリスクが高まります。仕事が忙しく疲労しやすい時期も、歯周病に罹患するリスクは高まります。

歯周病予防をするのであれば、まずはブラッシングを行うことです。その上で定期的に歯科医院を訪れ、口腔内のケアをしましょう。また生活習慣の見直しをすることも大事です。

歯周病のリスクをチェックしましょう

起床した時に口の中が粘つく はい    いいえ
歯の間に食べ物が良く挟まる はい    いいえ
歯の隙間が大きくなったような気がする はい    いいえ
ブラッシングをするとよく歯ぐきから血が出る はい    いいえ
硬いものを食べたときに歯ぐきから出血する はい    いいえ
口臭が気になる はい    いいえ
歯ぐきにむずむずとした感じがある はい    いいえ
歯ぐきが赤紫色に変色している はい    いいえ
歯が長くなった気がする はい    いいえ
歯ぐきから膿が出ていることがある はい    いいえ

1個もあてはまらないというあなたは……

リスク度0 歯周病の可能性は低いです

とても健康な状態です。ケアを続けてこの状態を維持しましょう。

ケア方法はこちらから

歯周病の症状と治療方法

歯周病は症状の進行具合に応じて、3つの段階に分類できます。それぞれに特徴も治療法も異なります。

軽度歯周炎
症状

歯ぐきと歯の間の溝のことを歯周ポケットといいますが、これが少し深くなった状態を指します。歯ぐきに軽く炎症を起こすため、ブラッシングをすると軽く出血することがあります。しかし痛みを感じる段階ではありません。

治療法
ブラッシングの指導 スケーリング

歯周病予防には毎日のブラッシングが基本と思ってください。三軒茶屋の歯科クリニック三軒茶屋UJIIE DENTAL CLINICでは、患者様の口腔内の状況に合わせて適切なブラッシングの方法をアドバイスしています。

スケーラーと呼ばれる専用の器具がありますので、ブラッシングだけではなかなか落としづらいプラークや歯石を除去していきます。

中等度歯周炎
症状

歯周ポケットが軽度と比較して深くなります。炎症は進行して、あごの骨にまで達している状態です。歯がぐらぐらして、歯ぐきも腫れているような状態がみられます。歯が浮いているような感じがして、口臭が気になりだすのもこの時期の特徴です。

治療
ルートプレーニング フラップ手術

キュレットという専用の器具を使って、プラークや歯石を除去していきます。スケーリングでは除去の難しい歯ぐきの深い所に付着しているプラークや歯石を除去することも可能です。また歯の表面を滑らかにもできる器具です。

歯肉を切開して、歯周ポケットの奥深くに付着しているプラークや歯石を除去していきます。処置をした後には、歯肉の縫合を行います。もちろん切開をするときには、局所麻酔をかけますので、痛みを感じることはありません。

重度歯肉炎
症状

あごの骨が溶けだしている状態になります。歯ぐきが下がることで、歯がぐらつきます。膿が出ることで、痛みも口臭もどんどんきつくなっていきます。放置をしていると、骨に病巣が拡大してしまって、何もしなくても歯が抜け落ちるような状態になる可能性もあります。

治療法
GTR エムドゲイン法

歯周病菌に感染してしまった組織を取り除きます。その上で、メンブレンと呼ばれる特殊な膜を挿入することで、歯周組織の再生を促進します。膜は歯周組織の十分な再生が確認されたのち、除去します。また最近では体内に自然に吸収されるものもあります。

歯周病によって、破壊された歯周組織を再生する治療法です。まず感染した部分を除去します。その上で、エムドゲインゲルと呼ばれる薬剤を塗布します。エムドゲインゲルには、歯周組織の再生を促す作用があります。

歯周病は予防できる病気です予防についてはこちらをご覧ください