医院からのお知らせ

ニッケルチタンファイルの使用が可能に

当院では、すべての根管治療に対してニッケルチタンファイル(Ni-Tiファイル)を使用することが可能になりました。弾力性と形状記憶性があるニッケルチタンファイルが、細く複雑な根管内部の洗浄性を高めます。これによってさらに精度が高く、再発リスクの低い根管治療をご提供できます。

虫歯は早めに治しましょう

虫歯を放置するリスク

虫歯の状態でそのまま放置してもいいことはありません。しかも以下のようなリスクを招くことになります。

  • 激痛を感じるようになる
  • 治療の選択肢が減り、抜歯のリスクが高まる
  • 治療時の痛みが大きくなることで肉体的負担が増大する
  • 治療回数が増えることで治療が長引く
  • 治療費が高くなってしまう
  • 口腔内環境が悪化してしまう

このようなことを避けるために、虫歯の疑いがある場合には早めの治療をおすすめします。

重度の虫歯は根から治します

虫歯は進行性の病気なので、放置するとどんどん症状が悪化していきます。ある程度進行が進むと、虫歯菌が歯の表面(エナメル質)、象牙質を溶かし、やがて歯の神経にまで達します。こうなってしまうと、最悪の場合は抜歯しか手立てがなくなることも……。

そこで、歯を残すために行うのが根管治療です。根管内の虫歯菌に汚染されてしまった神経や血管を除去し、内部をきれいに洗浄・除菌して薬剤を穴の所に詰め込みむ治療です。根管治療を行うことで、歯を温存することが可能です。

根管の内部は、複雑な形状をしておりますし、肉眼で確認することもできません。しかも根管治療をして、虫歯菌を除去しきれなかった場合には、再発のリスクもあります。根管治療は、虫歯菌をきれいに除去すること、薬剤を隙間なく詰め込んで菌が侵入しないようにすることが求められます。このように、根管治療には、より高度な技術が必要となります。

根管治療の流れ

三軒茶屋UJIIE DENTAL CLINICでは、根管治療を以下のような流れで実施していきます。

汚染組織の除去 根管内計測 洗浄・除菌

虫歯菌によって根管内を侵食された血管や神経を除去していきます。

根管の深さを測定するために整形し、専用の器具を使います。

根管の内部に細菌が残ることのないように洗浄を徹底して行います。さらに除菌を行うことで、細菌を確実に除去していきます。

薬剤の充填 土台の構築 被せ物の装着

最近が再び根管内に侵入しないように、患部に薬剤を充填し隙間のない状態を作り出します。

歯根の所に芯を立てて詰め物を装着するための土台となる部分を構築します。

土台の所に被せ物を装着します。そして被せ物のかみ合わせのチェックを行って、必要に応じて微調整を実施していきます。

PICK UP  ニッケルチタンファイルで精度の高い根管治療を

三軒茶屋UJIIE DENTAL CLINICでは、根管治療を受けられるすべての患者様に対してニッケルチタンファイル(Ni-Tiファイル)を使用しております。ニッケルチタンファイルは、虫歯菌によって汚染された血管や神経、歯質などを根管内からかき出す器具のこと。

一般的に使用されているステンレスファイルよりも弾力性があり、形状記憶性質があるため複雑に曲がったところでも的確に処置を行えます。治療時間が短縮化でき、治療の精度も高まるのがメリットです。

治療は中断せずに完治させましょう

上で紹介したように、根管治療はたくさんのステップを踏んで治療を行っていきます。このため、治療回数が多くなり、治療期間が長くなることも少なくありません。中には歯の痛みが治まったからという理由で、治療を中断してしまう人も多いです。しかし完璧に治療が終了するまでは、治療を投げ出さないでください。

歯科の治療の中でも、根管治療の中断は特に危険といわれています。再び細菌が繁殖する可能性も高く、病巣が拡大してしまう恐れがあります。そうすると根管治療でせっかく歯を温存できたはずなのに、中断したことで抜歯が結局必要になってしまうケースもあります。根管治療を受けるのであれば、最後の工程まできちんと終えることを強くお勧めします。

虫歯が進行する前に予防をしましょう