歯を白くして機能性も高める審美治療

銀歯があることで口元が気になってしまい、自然な笑顔が作れなくなったりしていませんか?このような口元の悩みを解消するのが審美治療です。

三軒茶屋UJIIE DENTAL CLINICでは、審美治療にも力を入れています。口元をきれいにするために、被せ物や詰め物を銀歯からセラミック製の物に替えることで機能性を高め、かつ自然な歯を作ります。

銀歯の落とし穴

歯科治療で銀歯をはじめとして金属を使用することがあります。金属を使用することで、いろいろなデメリットが生じるといわれています。

見た目が不自然

口の中に銀歯があると、目立ってしまいます。実際、海外の歯科先進国では詰め物や被せ物に銀歯を使用することはありません。

黒い線がでる

プラスチックやセラミックを表面で使用していても、土台は金属というケースがあります。この場合、歯ぐきが後退してしまうと、歯ぐきのキワに金属による黒いライン(ブラックマージン)が出てしまい、見た目が不自然になってしまいます。

歯ぐきの黒ずみ

金属は口腔内でイオン化して溶けていってしまいます。この溶けだした金属のために、歯ぐきに黒ずみが生じることがあります。

金属アレルギーの恐れ

金属が溶けだして、体内に取り込まれます。そうすると、金属に対してアレルギー体質が出る恐れもあります。肌荒れやかぶれに悩まされる方も多いようです。

銀歯とセラミックの違い

当院では、審美性・機能性両方においてメリットがあるセラミックをオススメしています。この2つの素材を比較してみましょう。

  銀歯(金銀パラジウム合金) セラミック
見た目
審美性 白い歯の中にあると目立つ 白さ、透明感ともにまわりの歯に合わせられるため、自然で美しい
耐久性 経年劣化しやすく、数年で取り替えが必要 強度が高く、メンテナンス次第で長期的に使用できる
安全性 金属アレルギーの原因になることがある 金属アレルギーの心配は不要
まわりの歯への
影響
天然歯より硬く、咬み合う歯を傷めてしまうことがある 天然歯とほぼ同じ硬さであり、咬み合う歯を傷めない

印象材自動練和器「ペンタミックスライト」

印象材自動練和器「ペンタミックスライト」は、歯型を採るためのシリコン素材を混ぜ合わせる医療装置です。気泡が入りづらいので、精密な歯型を採ることができます。また、印象材もすぐに固まり、歯型を採る時間が短縮されるので患者様の負担も軽減されます。

取り扱い素材紹介

三軒茶屋駅の近くの歯科クリニックの三軒茶屋UJIIE DENTAL CLINICでは、セラミックを使った施術を提供しています。

オールセラミック

すべてセラミックで作られています。

メリット

白くて透明感があるので、仕上がりがきれいです。プラークなどが付着する心配もなく、変色をする可能性もありません。金属ではないので、金属アレルギーを起こすこともありません。

デメリット

天然の歯と比較すると硬めなので、咬み合わせる歯にダメージを与える可能性があります。

ハイブリッドセラミック

セラミックと歯科用プラスチックを混ぜ合わせた素材です。

メリット

天然の歯に近い硬度があるので、咬み合わせる歯を傷つける心配がありません。白さも自然なので、仕上がりが美しくなります。金属アレルギーの心配をする必要はありません。オールセラミックと比較すると、安い費用で作れます。

デメリット

オールセラミックと比較すると、やや審美性は劣ります。経年劣化をする可能性があり、変色を起こすことがあります。また咬み合わせの条件によっては、使用できない部分もあります。

メタルボンド

金属のフレームの表面からセラミックでコーティングしています。

メリット

自然な白さに仕上げることができます。強度もありますので、長年使用できます。オールセラミックよりも安く仕上げられます。

デメリット

白さは十分ですが、透明感はやや劣ります。金属を使っているので、アレルギーを起こす可能性があります。

ラミネートベニア

前歯を薄く削った所にセラミックで作られた板でコーティングする治療法です。つけ爪をイメージしていただくと分かりやすいと思います。

メリット

半永久的に白い歯を維持することができ、前歯をきれいにできます。短期間で治療ができる所も魅力です。

デメリット

歯を削らないといけませんし、前歯にしか対応できません。耐久性があまりなく、保険適用はしません。

ファイバーコア

被せ物をする際の土台のことで、グラスファイバーで作られています。

メリット

被せ物の透明感をしっかりと引き立ててくれます。しなやかさが適度にありますので、歯根を傷めることもありません。再治療することになっても、比較的取り除くのは簡単です。金属アレルギーのリスクもありません。

デメリット

すべての人に適用できるものではなく、中には適用できないケースもあります。治療費が比較的高額になってしまいます。

歯の黄ばみを白くするホワイトニング

歯の黄ばみや茶渋による着色で、人前で口を開けるのにコンプレックスはありませんか?そのお悩みは、ホワイトニングで解決できる可能性があります。飲食による着色や加齢による黄ばみなどは、専用の薬剤を使って白くすることが可能です。歯を削ることもありませんし、理想的な白く美しい歯を実現できます。

歯が黄ばむ原因

加齢

象牙質はもともと黄色がかっています。年々エナメル質が削れることで、象牙質が透けて見えるようになるので、黄ばんだように感じられます。

食べ物の色素

コーヒーや紅茶、カレーといった色素の強い飲食物を好む方は着色しやすくなります。

喫煙

タバコを吸うことで、歯の表面にヤニが付着してしまいます。その結果、歯が黄ばんでしまいます。

虫歯

虫歯の状態を放置していると、まず歯が黄ばみます。そのうちどんどん黒ずんでしまいます。重度の虫歯になると治療しても、歯が変色してしまうことがあります。

テトラサイクリン

テトラサイクリンとは抗生物質の一種です。これを長期的に服用すると、歯が黄ばむことがあります。妊婦さんが服用すると、胎児の歯が黄ばむこともあります。

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

歯科クリニックで行うホワイトニングです。薬剤を歯の表面に塗って、特殊な光を当てることで、歯を白くしていきます。

おすすめの方

  • 今すぐ歯を白くしたい
  • 結婚式などの大事な予定がある

メリット

  • 短時間の施術で効果が得られる
  • 1回の施術でも効果大
  • 歯科クリニックで行える
  • 歯のケアを施術前に行ってくれる
  • 白さのコントロールがしやすい

デメリット

  • 後戻りする可能性が高い
  • 複数回にわたって通院しないといけない
  • 奥歯は光が届きにくい分効果が出にくい

ホームホワイトニング

自分で行うホワイトニングを指します。歯医者で作成したマウスピースに低濃度の薬剤を入れて装着します。効果が出るまである程度の期間が必要ですが、効果は持続します。

おすすめの方

  • 自分のペースで白くしたい
  • 効果が持続させたい

メリット

  • 持続性に優れている
  • 自分のペースで行える
  • 通院回数を少なくできる
  • 低濃度の薬剤のため、刺激が少ない

デメリット

  • 効果はすぐには出ない
  • 一定時間マウスピースを装着する必要がある
  • マウスピースのケアも必要

気をつけていただきたいポイント

効果が出ないケース
  • テトラサイクリンという抗生物質が原因で変色した場合
  • 被せ物や差し歯のような人工の歯
ホワイトニングする前の準備
  • 効果のあらわれ方には個人差があります。
  • 18歳未満の方、妊婦中の方、授乳中の方の施術は不可です。
  • 虫歯や歯周病などの疾患がある方は治療が優先です。
ホワイトニング治療中
  • ホームホワイトニングの場合、薬剤の使用管理は歯科医師の指示の下で行うことです。
  • ホワイトニングの施術直後は着色しやすいので、色の濃い飲食物は摂取しないようにしてください。また禁煙も心がけ、ブラッシングもこまめに行いましょう。
  • ホームホワイトニングをしているときに飲食・喫煙は避けてください。
ホワイトニング後の注意点
  • 色の濃い飲食物の摂取や喫煙は変色の恐れがあります。

銀歯や歯の黄ばみでお困りの方は当院までご相談ください Tel.03-5787-6840