乳歯のうちからしっかりと予防をしておきましょう

お子様が虫歯になったら、親御様としては「おやつをたくさん食べさせてしまったからだ」と思われるかもしれませんが、実際にはそれだけではありません。乳歯は大人の歯と比較すると、柔らかく、虫歯菌の酸によって溶けやすく、永久歯よりも早く進行してしまうのです。

乳歯が虫歯になってしまうと、永久歯に生え替わるタイミングで成長の妨げになるおそれがあります。親御様の中には「乳歯は生え替わるから大丈夫」とお考えの方もいらっしゃるようですが、健康な永久歯に生え替わるためには乳歯の健康を保つことが大切なのです。

むしろお子様の口腔内の環境を健康な状態で維持し続けるためには、乳歯の時にきちんとケアをする必要があります。お子様は自分でケアもできませんし、通院できません。親御様が守るしかないのです。そのような自覚を持って、お子様の歯を注意して見守りましょう。
当院では0歳からお越しいただくことをおすすめしています。歯の生え始める0歳から予防を行うことで、より一層の効果が期待できます。

虫歯を作らないコツ

おやつの時間を決めること

時間を決めずにだらだらといつまでもおやつを食べさせてしまうと、虫歯のリスクは高まります。時間を決めておやつを食べさせる習慣をつけましょう。

おやつの選び方

あめやキャラメル、ソフトキャンディー、チョコレート、ガム、グミといったやわらかくて糖分の高いおやつを与えると、虫歯のリスクが高まります。与えることは構いませんが、過剰に与えないようにしてください。ノンシュガーやキシリトール入りのおやつを与える習慣をつけるとなおいいです。

食後のブラッシングを徹底する

おやつを食べた後、口腔内には糖分が残っている可能性が高いです。そこでおやつを食べた後にはブラッシングをする習慣をつけましょう。中には外出中におやつを食べることもあるかもしれません。その場合ブラッシングができなくても、口をゆすぐだけでも効果が期待できます。

定期検診を受けること

お子様の歯が生えた段階で、虫歯のリスクが生じると思ってください。できれば、歯が生えた段階で歯科クリニックに行って診察を受けることです。三軒茶屋UJIIE DENTAL CLINICでは、お子様の歯の診療も行っています。また定期検診を受けることで、虫歯の予防や早期発見・早期治療を行うことも可能です。

仕上げみがきが重要です

  • ブラシはヘッドの小さいものを選ぶと奥歯までしっかりとブラッシングができます
  • 鉛筆を持つようにして軽くブラシを持つと、指先でコントロールしやすくなります
  • 頭を膝の上に乗せることで安定します。寝た姿勢でみがくと、より口腔内が見えます
  • 6歳臼歯の所にみがき残しを起こす可能性がありますので、しっかりとチェックしましょう

小児歯科処置メニュー

ブラッシング指導

毎日のブラッシングをしっかりと行うことが、虫歯予防の基本です。三軒茶屋UJIIE DENTAL CLINICでは、それぞれのお子様の口腔内の状況に合わせたブラッシングの指導を行っていきます。仕上げみがきの方法に関しても、親御様に指導していきます。お子様がしっかりと自分でブラッシングできるのは10歳くらいになってからといわれていますので、それまでは仕上げみがきをすることをおすすめします。

フッ素塗布

フッ素には歯質の強化と再石灰化を促す効果があるといわれています。このフッ素塗布を行うことで初期の虫歯であれば、治療することは可能です。

シーラント

奥歯の咬み合わせ部分の溝は、虫歯になるリスクが高い場所です。この部分をレジンという歯科用のプラスチックでふさぐ処置をシーラントといいます。虫歯菌や汚れの侵入を防ぐことができるので、虫歯予防効果を期待できます。ただし時間とともにレジンは摩耗していきますので、定期的に受診するようにしてください。生えたばかりの永久歯にも効果が期待できます。

過剰歯の抜歯

お子様の中には、本来生えてくるべきではない歯が生えることがあります。これを過剰歯というのですが、過剰歯があるとブラッシングがしにくくなります。その結果、虫歯になるリスクが高まります。またほかの歯の生えるスペースを邪魔することもあります。そこで適切な時期が来れば、この過剰歯を抜歯する必要があります。当院では、過剰歯の抜歯のタイミングはお子様の様子を見て、慎重に判断します。

お子様の歯について不安なことなどございましたら、お気軽にご連絡ください Tel.03-5787-6840

妊娠中で歯が痛い~マタニティ診療~

妊娠中は、歯科治療が受けられないと思っている人は多いようです。しかしタイミングさえ誤らなければ、治療を受けたほうがプラスに働くケースもあります。しかもお子様が生まれると育児でかかりきりになってしまって、なかなか診察が受けられなくなる可能性もあります。

当院では、妊娠中の患者様の診察も行っています。その上で、適切な治療や予防処置を行います。

妊娠性歯周炎にご用心

妊娠中には、歯周病になるリスクが高まるといわれています。妊娠性歯周炎といいますが、これは生まれてくるお子様にも悪影響をもたらします。なぜなら、歯周病菌が子宮の筋肉に作用する恐れがあるからです。このため、本来まだ来るべきではない陣痛に似た痛みを引き起こし、早産や低体重児出産を引き起こすきっかけにもなりえます。

早産や低体重児出産は喫煙やアルコールの摂取、高齢出産など様々な要因が考えられています。しかし妊娠性歯周炎はそれ以上のリスクがあるといわれています。ですから、日頃から定期検診を受け、健康な口腔内を維持しましょう。

つわりで歯がみがけない方へ

つわりの時期は、ブラシを口腔内に入れるだけで気持ち悪くなるというケースもあります。うがいすらできないという重いつわりに悩まされる方もいます。その場合には、以下の方法でデンタルケアをしてみませんか?

歯みがき粉を使わない

歯みがき粉の香りがつわりを誘発する方もいます。その場合には水だけを付けてブラッシングしてみましょう。ある程度は歯を清潔に保てます。

小さいブラシを使う

ヘッドの小さいものに取り換えることで、口の中に入れやすくなります。また、デンタルフロスや歯間ブラシを併用することで、隅々まできれいにできます。

ブラッシング以外の方法を考える

うがいをするだけでも、歯をキレイにすることは可能です。緑茶には殺菌作用があるといわれていますので、緑茶でうがいをしてみましょう。またリンゴのような繊維質の食べ物を食後に食べることで、口をすっきりさせることも可能です。

妊娠中の歯科治療Q&A

※質問をクリックすると回答が出ます。

妊娠中にレントゲンを撮っても問題ないですか?
歯科のレントゲン撮影なので、赤ちゃんにX線が照射されることはありません。また当院では、撮影をする際には、X線を防護できるエプロンをお腹につけて撮影をしますので、影響はありません。ただし、より安全に撮影する場合は妊娠初期は避けるべきです。
麻酔で胎児に影響の出ることは?
歯科の麻酔は、局所麻酔です。このため、使う薬液の量も少なめですし、注射したところで分解されますので胎児に影響の出ることはありません。しかし麻酔薬でアレルギーを起こしたことがあるとか、気分が悪くなったことのある方はあらかじめ伝えておきましょう。
親知らずがあって痛いのですが、抜歯できますか?

妊娠中は、歯ぐきに炎症が起こりやすいので、トラブルがもともと起こりやすい環境ではあります。もし親知らずが生えているのであれば、妊娠する前に抜歯しておいたほうがいいでしょう。

もし妊娠してから親知らずが痛み出したというのであれば、産婦人科の先生と相談をして薬や消毒で痛みを緩和する治療を行っていきます。気になるのであれば、一度三軒茶屋UJIIE DENTAL CLINICへご相談にいらしてください。

ご不明な点はこちらへお問い合わせください 03-5787-6840