Implant

三軒茶屋の歯医者「三軒茶屋 UJIIE DENTAL CLINIC」では、インプラント治療も行っています。インプラントは、見た目も咬み心地も天然歯と遜色のない状態にすることができるため治療を希望される方が多くいらっしゃいます。ここでは、当院のインプラント治療の特徴についてご説明します。インプラント治療をご検討の方は、ぜひご一読のうえ、お気軽にご相談ください。

見た目、機能性に優れたインプラント

見た目、機能性に優れたインプラント

インプラントとは人工歯根をあごの骨に埋め込み、その上に人工の歯を取りつける治療法です。骨に固定しますので、見た目が自然で、しっかりと咬める事が最大のメリットです。人工歯根はチタン製のものを使います。チタンは生体親和性が高い金属といわれていて、拒否反応が起こりにくいとされています。

三軒茶屋 UJIIE DENTAL CLINICのインプラント治療

安全・安心のインプラント治療をご提供するために
~CT診断・サージカルガイド~

安全・安心のインプラント治療をご提供するために~CT診断・サージカルガイド~

インプラント治療では、チタン製のスクリュー状をしたインプラント(人工歯根)を、歯肉を切り開いた顎の骨に埋め込みます。その際に、周辺を通る血管や神経を傷つけてしまうと、麻痺などさまざまなトラブルに発展してしまうことがあります。そのため、インプラント治療では、事前の精密検査と慎重かつ精確な埋入手術が欠かせません。

当院では、歯科用CTによる顎周辺の撮影で、残った歯・顎の骨・周囲の血管や神経などの位置や状態を3D立体画像で把握します。そのデータからインプラントメーカーのシミュレーションソフトを使って埋入位置や深さ、角度を決定。シミュレーション通りにインプラントを埋入するためにサージカルガイドを製作・使用して、安全・安心のインプラント治療を実現しています。

骨量が足りないと言われた方へ
~骨造成で対応できます~

骨量が足りないと言われた方へ~骨造成で対応できます~

インプラントは顎の骨に埋入するため、土台となる骨の量や質が不足していると、治療を断られてしまうことがあります。当院では、骨不足でインプラント治療ができないとされている患者様にも、骨造成の手法で骨を補い、インプラント治療を行えることがあります。他院で断られた場合も、当院でなら対応できることがありますので、まずは一度ご相談ください。

【PICK UP!】
骨造成とは?

PICK UP!骨造成とは?

骨造成とは、骨を増やすために行う治療の総称です。当院で行う骨造成は、GBR法や、サイナスリフトやソケットリフトといった方法で行います。GBR法はインプラント埋入時に歯ぐきを切開し、骨補填材を置いた上にメンブレンと呼ばれる膜を設置。歯肉の入り込みを防ぎながら、骨量を確保します。サイナスリフトは上顎洞の横から、ソケットリフトは下から骨補填材を充填し、そこへインプラントを埋入します。いずれも局所麻酔を使用するため、手術中の痛みはありませんが、麻酔が切れると抜歯程度の痛みを感じることがあります。

インプラント治療後は定期的な
メンテナンスが必要です

インプラント治療後は定期的なメンテナンスが必要です

インプラント治療後の毎日のお手入れは、天然歯と同様に歯みがきなどで大丈夫です。ただし、インプラント周辺の組織が歯周病に感染した状態になる「インプラント周囲炎」が起こりやすいため、注意が必要です。せっかく入れたインプラントも、インプラント周囲炎になると、脱落してしまうことがあるからです。

インプラントは、治療後にメンテナンスをきちんと続けられれば、天然歯と同等かそれ以上に長期間使用することができます。当院では、インプラント治療を受けられた方に、予防歯科を継続して受けていただくようにしています。長く快適に使い続けられるよう、しっかりメンテナンスを続けていきましょう。